ローンで借りれるかどうかに関わる年数の長さ

ローンの申し込みをする方々の状況は、色々と異なります。それぞれ、年数に関する違いが見られるのですね。

ところで申し込み時の確認の段階では、その年数が意外と大きなポイントになってきます。総じて長い方が有利なのです。

1.お勤め先や住居に関わる年数

まずローンの申し込み書には、必ずと言って良いほど勤続年数の記載欄があります。まさに、現在のお勤め先にて勤務した年数ですね。

働いた年数が2年なら、もちろんその欄には2年と記載する事になります。わざわざ記載する以上は、審査基準の1つになる訳です。

それと現在のお住まいに関する年数も、その1つになります。人々がどこかの住居に住んだ年数も色々で、2年や8年など人それぞれですね。その情報も、やはり申込書に記載する事になるのです。

2.長めの年数の方が有利になる

それでその年数の多さは、審査で確認される事になります。例えばAさんの場合は、勤続年数が8年位だとしましょう。

それでBさんは半年足らずだとして、どちらも同じ勤務先だとします。この場合、間違いなくAさんの方が有利です。

そもそも金融関係の会社は、年数が長い方々は安定度も高いと見なす傾向があります。1つの会社で長く働いた方などは、それだけ腰が落ち着いていると考える訳です。

Bさんはまだ年数が短いので、腰が落ち着くかどうかも不透明です。ですので金融会社としては、融資可否に関して慎重に判断する傾向があります。

もちろん居住年数も同様です。1つの住宅に長く住んだ方は、やはり審査に通りやすくなるのですね。

3.年数が経過するまで待つ方法も

そしてこの年数は、ローンを組むタイミングにも大きく関わってきます。上記のBさんのように年数が短い方々の場合、ローンを組むのはもう少し待った方が良い事も多いです。

あと半年ほど働けば勤続年数も1年位になる訳ですから、それだけローンを組める確率も高まるからです。もちろん居住年数も同じですね。

確実にお金を調達したいと思うなら、焦らずに待ってみるの一法でしょう。ちなみに勤続年数は、1年が1つの目安になります。

金融会社によって基準は色々ですが、1年を経過していればたいていの会社では通る傾向があります。

長い方がローンでは借りやすい

つまり年数については、次のように言えるのです。

・会社で勤めた年数と居住年数がある
・総じて長い方がお金を借りやすい
・申込をしばらく待つ手もある

結局、年数は長い方が有利なのは確実ですね。上述のように1年が1つの目安なので、申込を少し待ってみるのも一法と言えます。