現在契約中のローンを見直す時の着眼点やタイミング

ローンで借りた方々は、たまに見直しを行います。

見直しの着眼点も、色々とあるのですね。多くの方々は手数料などを見直すケースが多いですが、利便性などをきっかけに他社に乗り換える方々も目立ちます。

ちなみに1年目や更新などのタイミングで見直しが行われる傾向があります。

1.手数料が高いので見直しをする

そもそもローンを利用する方々は、必ずしも満足しているとも限りません。中には、少々不満がある方も見られるのです。

手数料などは、代表例の1つと言えるでしょう。口コミなどを見ても、その不満点が理由で乗り換えをする方々は本当に多いです。

例えば現在のローンの手数料が、年間10%くらいだとします。しかも繰り上げ手数料があるので、色々とコストが重い状況です。

ところが他社では手数料が9%の上に、繰り上げ時に手数料が生じる事もありません。

その他社の情報を知った事をきっかけに、見直しをするケースがあります。つまり手数料は、見直しポイントの1つなのですね。

2.やや不便なので見直し

また人によっては、ローン商品が少々不便だと感じています。返済の度に実店舗に足を運ばなければならず、しかも時間帯が著しく限られています。

お店が遠い上に、昼間の時間帯でないと利用不可の状況です。ですが別のローン商品ではコンビニでも利用できるので、明らかに利便性が良い事があります。

使い勝手を理由に見直しを行う方々も多いですね。

3.節目を迎えた時に見直しをする

このように様々な着眼点で見直す訳ですが、人々がそれを行うのは、大抵どこかの節目です。例えば1年目が経過した時ですね。

新規契約をしてから丁度1年経過したタイミングなどは、見直しには最適でしょう。3年目などもキリが良いですね。

またローン商品によっては、更新が行われる事もあります。限度額の引き上げなどが金融会社から連絡される事もありますが、その話をきっかけに見直しを検討する方々も目立ちます。

たいてい何かのきっかけがある訳ですが、それで他社に乗り換える事例は多いです。

ローンを見直す方々の傾向

つまりローンの見直しについては、

・手数料を見直す
・利便性を高めたいと考える
・1年目などキリが良いタイミングで見直す
・更新の連絡をきっかけに見直しする

主にこのような傾向や特徴があります。何かのローンの契約をして1年目に見直す方々などは、本当に多いですね。

現に他社に乗り換えることで、かなり状況が改善される事もあります。現在のローンに不満点などがあるなら、他社の商品などを検討してみるのも良いでしょう。