まとめるタイプのローンとその主な魅力

ローンで借りる方々によっては、複数社を利用しています。1社だけではありません。その方々は、稀にまとめる事をお考えです。複数社から借りると状況が複雑になり、様々な制約も生じてしまいがちなのです。おまとめローンの通りやすいところはこちら。

1.返す日程に関する混乱

そもそも複数社を利用しますと、返す日が分からなくなってしまう事があります。そもそも金融会社によって返す日付も異なるでしょう。A社が20日でB社が15日でC社は13日といった具合です。

それで複数の会社から借りますと、何日にどの会社に返せば良いか混乱してしまう事があるのです。もちろんお金を借りる側としては、何日にどの会社に返せば良いかは明確な方が望ましいですね。

2.1つまとめて混乱を回避

ところで1つの会社でまとめる事は、大いに可能です。上記の事例ではD社など全く別の会社に一本化する方法もあるでしょう。

それで1つになれば、もちろん日程で混乱する確率も大きく減少します。また上記の3つを、A社に一本化するやり方もありますね。

3.件数が多いと新規借り入れが難しい

それと件数が多い場合、新規でローンを組むのが難しくなってしまう事があります。というのも金融業者としては、借り入れ件数を重視する事が多いです。上記のように3つの所から借りていますと、それだけで融資を断られる事があります。

4.1つにまとめて借りやすくする

その場合は、やはり一本化する選択肢があるのです。件数が多いのが原因なら、それを少なくまとめておけば融資確率が大きくアップするからです。将来的にどこかの会社からお金を借りる事を検討するなら、一本化しておくのも悪くないでしょう。

5.金利節約の為にまとめる

そして、まとめるタイプの商品には手数料に関わるメリットが多々見られます。まとめ目的の商品は、通常の融資商品と比べると、手数料は低めですね。他の商品では年利18%近くなのに、まとめ目的の商品は13%台などの具合です。

複数社から借りていると、かなり金利が高く付いてしまうこともあります。借りるコストを低く抑えたい時は、まとめる商品を検討してみると良いでしょう。

まとめる商品の3つのメリット

すなわちまとめる商品には、主に次のようなメリットがあります。

・返す日程に関する混乱を解消できる
・新規で借りやすくなる
・金利を節約できる

このように色々とメリットがありますが、上記1点目と3点目に魅力を感じて、まとめる方々が多いですね。複数社から借りていて色々とお悩みがある時には、まとめてみるのも悪くないでしょう。

ローン商品とその手数料について

ローン商品を利用する場合は、手数料などは重要なポイントになります。多くの方々は、その手数料の高低で選ぶケースが多いですね。ちなみにそれも、実は様々な種類が存在するのです。どのような手数料になるかは、商品により色々と異なるのです。

1.金利という手数料

まず一番分かりやすい手数料は、やはり金利でしょう。賃金業者などでは、手数料は18%前後に設定されている事も多いですね。そうかと思えば5%前後の手数料の商品など、それぞれ異なります。ちなみに、年利などと表現される事もあります。

例えば100万円を借りて、手数料が18%ならば、年間で18万の手数料を払う事になるのです。ただ現実には1日単位での手数料となるので、この場合は1日に493円の手数料が生じる事になります。

2.事務手数料がある商品も

ところで一部のローン商品によっては、上記の金利に加えて、別の手数料が生じるので要注意です。例えば事務手数料というものがあるのです。数あるローン商品の中には、マイホームなどを抵当に入れるタイプも見られますね。

そのような商品の場合は、事務手数料と称したコストが生じる事もあります。その具体的な金額などは、やはり金融会社によって色々と異なるのです。

1万円台の会社もありますし、数千円前後の会社など色々と異なります。その事務手数料は意外と軽視できないので、ローン選びの基準の1つになるでしょう。

3.繰り上げ時の手数料には注意

またローン商品では、繰り上げなどを行うケースもあります。手持ちの資金に余裕がある時には、繰り上げは非常にメリットが大きいですね。元金を速やかに減らしていく事ができるので、早期完済を望む時には便利です。

ただローン商品によっては、その手続きを行った時に手数料が生じる事もあります。例えばある不動産関連の商品では、1回の繰り上げにつき1万円台の手数料が生じるのですね。もちろん、その手数料が無い商品もあります。

4.手数料には複数種類がある

つまりローン商品の手数料には、主に次のような種類があるのです。

・金利
・事務手数料
・繰り上げ手数料

このような数種類のタイプがあって、どの手数料があるかは商品によって色々異なるのです。キャッシングなどは金利だけですし、不動産関連の商品は数種類になる事が多いですね。

手数料を総合的に比べる

このように手数料には様々な種類がありますが、いずれにしても会社や商品によってルールが異なる事だけは確実です。そのトータル金額などを総合的に比較して、最もコストが低めになる商品を選ぶと良いでしょう。

オリックス銀行おまとめローン – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です