ローンで借りれるかどうかに関わる年数の長さ

ローンの申し込みをする方々の状況は、色々と異なります。それぞれ、年数に関する違いが見られるのですね。

ところで申し込み時の確認の段階では、その年数が意外と大きなポイントになってきます。総じて長い方が有利なのです。

1.お勤め先や住居に関わる年数

まずローンの申し込み書には、必ずと言って良いほど勤続年数の記載欄があります。まさに、現在のお勤め先にて勤務した年数ですね。

働いた年数が2年なら、もちろんその欄には2年と記載する事になります。わざわざ記載する以上は、審査基準の1つになる訳です。

それと現在のお住まいに関する年数も、その1つになります。人々がどこかの住居に住んだ年数も色々で、2年や8年など人それぞれですね。その情報も、やはり申込書に記載する事になるのです。

2.長めの年数の方が有利になる

それでその年数の多さは、審査で確認される事になります。例えばAさんの場合は、勤続年数が8年位だとしましょう。

それでBさんは半年足らずだとして、どちらも同じ勤務先だとします。この場合、間違いなくAさんの方が有利です。

そもそも金融関係の会社は、年数が長い方々は安定度も高いと見なす傾向があります。1つの会社で長く働いた方などは、それだけ腰が落ち着いていると考える訳です。

Bさんはまだ年数が短いので、腰が落ち着くかどうかも不透明です。ですので金融会社としては、融資可否に関して慎重に判断する傾向があります。

もちろん居住年数も同様です。1つの住宅に長く住んだ方は、やはり審査に通りやすくなるのですね。

3.年数が経過するまで待つ方法も

そしてこの年数は、ローンを組むタイミングにも大きく関わってきます。上記のBさんのように年数が短い方々の場合、ローンを組むのはもう少し待った方が良い事も多いです。

あと半年ほど働けば勤続年数も1年位になる訳ですから、それだけローンを組める確率も高まるからです。もちろん居住年数も同じですね。

確実にお金を調達したいと思うなら、焦らずに待ってみるの一法でしょう。ちなみに勤続年数は、1年が1つの目安になります。

金融会社によって基準は色々ですが、1年を経過していればたいていの会社では通る傾向があります。

長い方がローンでは借りやすい

つまり年数については、次のように言えるのです。

・会社で勤めた年数と居住年数がある
・総じて長い方がお金を借りやすい
・申込をしばらく待つ手もある

結局、年数は長い方が有利なのは確実ですね。上述のように1年が1つの目安なので、申込を少し待ってみるのも一法と言えます。

自分に最適なローンを選ぶ為のランキング

ローンで借りる場合、必ずどこかの会社を選ぶ事になります。ただ人々は、その選び方で困惑する事もあるのです。

ローンの数も非常に多いので、迷ってしまいますね。その場合は、ランキングにて上位の商品に着目をするのが良いでしょう。

1.数が多くて選ぶのが大変

そもそも人々が何かを選ぶ時には、大きな労力を感じてしまう傾向があります。それは毎日の買い物を想像すると、分かりやすいです。

毎日のように近所のお店などでショッピングを行う時には、たまに品揃えの多さで困ってしまう事があります。

スーパー店などはかなり品ぞろえも多いので、どれを購入するべきか困惑してしまうケースも目立ちます。ローン関連の商品も、同じ事が言えます。

数が多いので、色々と目移りして迷ってしまうでしょう。

2.ローンの各商品をランク付けしたサイト

ところでローンに関する事をWEBにて検索しますと、様々な商品を順位付けしたサイトを目撃する事があります

。第1位はA社で、第2位はB社などの具合です。そのサイトは、非常に便利です。自分に最適な金融商品を選ぶ為の情報が、多数掲載されているからです。

3.上位のローンには何か理由がある

ところで数あるローンの中には、かなり順位が高い商品もあるでしょう。もちろん1位や2位の商品が上位なのですが、それらに注目してみるやり方があります。

と言うのもランクが上位の商品には、必ずといって良いほど何かメリットがあるのです。メリットが皆無ならば、ランクが上位になる事は考えづらいですね。

人々がローンに対して良い評価を付ける以上は、理由がある筈なのです。ちなみにその理由は、大抵は口コミにて掲載されています。

4.上位の商品に着目すると早い

それで上位の商品を見てみると、それだけ選択肢も絞り込まれるでしょう。

金融会社は全部で100社以上ありますが、着眼点を上位商品だけに移せば、少なくとも数社程度に限定されます。

対象が少なくなる訳ですから、上述のように目移りする事も無くなります。しかも人々から好評なローンだけに、使い勝手も良いと考えられるのです。

選ぶ為にランキングを見てみる

すなわちランキングには、主に次のようなメリットがあります。

・ローンの数が多いと選ぶのが大変
・順位が上位の商品には何かメリットがある
・上位のローンに着目すると選びやすい

このような事が言えるのですから、まずは順位付けしたサイトを一読してみるのが良いですね。口コミなども数多く書かれているので、ランキングはおすすめです。

現在契約中のローンを見直す時の着眼点やタイミング

ローンで借りた方々は、たまに見直しを行います。

見直しの着眼点も、色々とあるのですね。多くの方々は手数料などを見直すケースが多いですが、利便性などをきっかけに他社に乗り換える方々も目立ちます。

ちなみに1年目や更新などのタイミングで見直しが行われる傾向があります。

1.手数料が高いので見直しをする

そもそもローンを利用する方々は、必ずしも満足しているとも限りません。中には、少々不満がある方も見られるのです。

手数料などは、代表例の1つと言えるでしょう。口コミなどを見ても、その不満点が理由で乗り換えをする方々は本当に多いです。

例えば現在のローンの手数料が、年間10%くらいだとします。しかも繰り上げ手数料があるので、色々とコストが重い状況です。

ところが他社では手数料が9%の上に、繰り上げ時に手数料が生じる事もありません。

その他社の情報を知った事をきっかけに、見直しをするケースがあります。つまり手数料は、見直しポイントの1つなのですね。

2.やや不便なので見直し

また人によっては、ローン商品が少々不便だと感じています。返済の度に実店舗に足を運ばなければならず、しかも時間帯が著しく限られています。

お店が遠い上に、昼間の時間帯でないと利用不可の状況です。ですが別のローン商品ではコンビニでも利用できるので、明らかに利便性が良い事があります。

使い勝手を理由に見直しを行う方々も多いですね。

3.節目を迎えた時に見直しをする

このように様々な着眼点で見直す訳ですが、人々がそれを行うのは、大抵どこかの節目です。例えば1年目が経過した時ですね。

新規契約をしてから丁度1年経過したタイミングなどは、見直しには最適でしょう。3年目などもキリが良いですね。

またローン商品によっては、更新が行われる事もあります。限度額の引き上げなどが金融会社から連絡される事もありますが、その話をきっかけに見直しを検討する方々も目立ちます。

たいてい何かのきっかけがある訳ですが、それで他社に乗り換える事例は多いです。

ローンを見直す方々の傾向

つまりローンの見直しについては、

・手数料を見直す
・利便性を高めたいと考える
・1年目などキリが良いタイミングで見直す
・更新の連絡をきっかけに見直しする

主にこのような傾向や特徴があります。何かのローンの契約をして1年目に見直す方々などは、本当に多いですね。

現に他社に乗り換えることで、かなり状況が改善される事もあります。現在のローンに不満点などがあるなら、他社の商品などを検討してみるのも良いでしょう。

無謀なローンのトラブルとそれを避ける為の計画作り

ローンというのは、やはり便利な商品です。一括での支払いが難しくても、小刻みに無理なく支払っていけるメリットは大きいですね。

しかし注意点もあって、やはり無謀な事は避けるべきです。無理なく返済できる事が、第一ですね。

1.支払い能力の限界を迎えてしまう

ローンを利用する方々は、たまにトラブルに直面しています。例えば返すのに困ってしまうパターンなどは、本当に多いです。

最初の内は無理無く返すことができていたのに、時期が経過するにつれて様々な無理が生じてしまう事例ですね。

現在の自分の支払い能力では難しくなり、やむを得ず弁護士に相談してしまう方々も見られます。

2.無計画に借りてしまうのが原因

なぜ上記のようなトラブルになってしまうかと言うと、多くは計画不足です。申込をする前の段階で、色々と計画を練り上げておくのが望ましいのですね。

ところがその計画を全く立てていない方も、稀に見られます。毎月6万円なら、無理無く返せるとしましょう。

その状況で毎月10万もの返済が求められるローンを組んでしまえば、もちろん後々になって上記のような状況になってしまいます。無謀な事は避けるべきなのですね。やはり計画を立てるのが望ましいです。

3.計画を立てる煩雑さ

ただ計画を立てるのは、やってみると意外に面倒なものです。特に将来的な減給などを想定するのは、慣れていないと面倒ですね。

その手間の大きさに辟易してしまい、途中で計画を立てるの断念する方々も稀に見られます。やはり慣れない事をしますと、断念する可能性は大いにあるでしょう

4.最低でも無謀な状況は避けるようにする

計画は、余り細かく立てる必要はありません。計画を作るにしても、確かに断念してしまっては意味が無いですね。

しかし、最低でも「無謀」な借り入れを避ける為の計画だけは立てるべきです。やはり無謀なローンは、後で大きなトラブルの元になるからです。

計画不足で大きな問題が生じてしまった方々は、枚挙にいとまが無いです。後悔を避ける為にも、必要最低限の計画を立てておくべきでしょう。

無謀な事を避ける為に計画を作る

すなわち無謀さに関しては、

・無謀なローンでトラブルになる事も
・大抵は無計画に借りるのが原因
・少なくとも無謀な借り入れをしない程度の計画を立てるべき

このように言えますが、特に上記3点目が一番大事です。無理の無い範囲で借りるようにして、後になって後悔するのを防ぎたいものですね。

金融会社によっては計画作りのサポートをしてくれる事もあるので、相談をしてみるのも良いでしょう。

ローンを利用する時の悩みとそれに関する相談

どこかの会社から借りるとなると、色々と不安を覚えてしまう事があります。もしくは一旦借りたものの、行き詰まってしまうケースもあるのです。

その場合は、借りた会社に「相談」をしてみるのも良いでしょう。

1.返す事に関する不安点

そもそもローンの申し込みをする方々は、必ずしも経験者とは限りません。中には、一度もその商品で借りたことが無い方も見られます。

そのような方々は、問題なく借りるか否かが不安になってしまう事もあるのです。万が一の延滞が生じてしまうと大変ですし、不安になる方々なども決して少なくありません。

2.返す計画に関する行き詰まり

またローンを利用中の方々も、様々な悩みを抱えてしまう事があります。というのも会社に対していくのは、必ずしも順調に進むとは限らないからです。

例えば資金不足などに関する問題が生じてしまう事も、たまにあるでしょう。大きな買い物などをしてしまった時には、普段の月よりも資金が足りなくなってしまい、返すのに困ってしまうケースもあります。

3.ローン会社は相談を受け付けるのも仕事

ところでローンを提供する会社には、様々なお仕事内容があります。もちろん新規申し込み者に対して審査などを行うのは、その会社の明確な仕事内容の1つですね。

ですがそれ以外にも業務があって、相談も受け付けているのですね。例えば上記のような返済に関する行き詰まりを感じた方々からの、相談になります。困ってしまった方々に対して、相談という形で的確な提案をするのも、金融業者の仕事内容の1つなのです。

4.不安や不明点に関わる相談は可能

以上から、まず次の事が言えます。
・未経験では返すことに関する不安が生じやすい
・返すのに行き詰まる事例もある
・ローン会社の担当者には色々な仕事内容がある
・相談を受け付けるのも仕事の1つ

つまり不安や行き詰まりなどが生じた時には、金融会社に対して相談をする事も可能なのですね。

悩まずに相談すると良い

これらの事を踏まえますと、余り1人で悩まないのも重要と言えます。上記のような資金不足で返すのが難しくなった時は、まず金融会社に相談をしてみると良いでしょう。

その状況に合わせた適切な提案をしてくれる事もあるので、意外とすんなり問題が解決する事もあります。また未経験で不安な時にも、金融会社に相談してみるのも一法です。

それで正直に話してみる事で、思わぬ情報を得られる事もあるからです。基本的には、借りる事に関する不安が生じた時は、気軽に相談するのが良いでしょう。

まとめるタイプのローンとその主な魅力

ローンで借りる方々によっては、複数社を利用しています。1社だけではありません。その方々は、稀にまとめる事をお考えです。複数社から借りると状況が複雑になり、様々な制約も生じてしまいがちなのです。おまとめローンの通りやすいところはこちら。

1.返す日程に関する混乱

そもそも複数社を利用しますと、返す日が分からなくなってしまう事があります。そもそも金融会社によって返す日付も異なるでしょう。A社が20日でB社が15日でC社は13日といった具合です。

それで複数の会社から借りますと、何日にどの会社に返せば良いか混乱してしまう事があるのです。もちろんお金を借りる側としては、何日にどの会社に返せば良いかは明確な方が望ましいですね。

2.1つまとめて混乱を回避

ところで1つの会社でまとめる事は、大いに可能です。上記の事例ではD社など全く別の会社に一本化する方法もあるでしょう。

それで1つになれば、もちろん日程で混乱する確率も大きく減少します。また上記の3つを、A社に一本化するやり方もありますね。

3.件数が多いと新規借り入れが難しい

それと件数が多い場合、新規でローンを組むのが難しくなってしまう事があります。というのも金融業者としては、借り入れ件数を重視する事が多いです。上記のように3つの所から借りていますと、それだけで融資を断られる事があります。

4.1つにまとめて借りやすくする

その場合は、やはり一本化する選択肢があるのです。件数が多いのが原因なら、それを少なくまとめておけば融資確率が大きくアップするからです。将来的にどこかの会社からお金を借りる事を検討するなら、一本化しておくのも悪くないでしょう。

5.金利節約の為にまとめる

そして、まとめるタイプの商品には手数料に関わるメリットが多々見られます。まとめ目的の商品は、通常の融資商品と比べると、手数料は低めですね。他の商品では年利18%近くなのに、まとめ目的の商品は13%台などの具合です。

複数社から借りていると、かなり金利が高く付いてしまうこともあります。借りるコストを低く抑えたい時は、まとめる商品を検討してみると良いでしょう。

まとめる商品の3つのメリット

すなわちまとめる商品には、主に次のようなメリットがあります。

・返す日程に関する混乱を解消できる
・新規で借りやすくなる
・金利を節約できる

このように色々とメリットがありますが、上記1点目と3点目に魅力を感じて、まとめる方々が多いですね。複数社から借りていて色々とお悩みがある時には、まとめてみるのも悪くないでしょう。

ローン商品とその手数料について

ローン商品を利用する場合は、手数料などは重要なポイントになります。多くの方々は、その手数料の高低で選ぶケースが多いですね。ちなみにそれも、実は様々な種類が存在するのです。どのような手数料になるかは、商品により色々と異なるのです。

1.金利という手数料

まず一番分かりやすい手数料は、やはり金利でしょう。賃金業者などでは、手数料は18%前後に設定されている事も多いですね。そうかと思えば5%前後の手数料の商品など、それぞれ異なります。ちなみに、年利などと表現される事もあります。

例えば100万円を借りて、手数料が18%ならば、年間で18万の手数料を払う事になるのです。ただ現実には1日単位での手数料となるので、この場合は1日に493円の手数料が生じる事になります。

2.事務手数料がある商品も

ところで一部のローン商品によっては、上記の金利に加えて、別の手数料が生じるので要注意です。例えば事務手数料というものがあるのです。数あるローン商品の中には、マイホームなどを抵当に入れるタイプも見られますね。

そのような商品の場合は、事務手数料と称したコストが生じる事もあります。その具体的な金額などは、やはり金融会社によって色々と異なるのです。

1万円台の会社もありますし、数千円前後の会社など色々と異なります。その事務手数料は意外と軽視できないので、ローン選びの基準の1つになるでしょう。

3.繰り上げ時の手数料には注意

またローン商品では、繰り上げなどを行うケースもあります。手持ちの資金に余裕がある時には、繰り上げは非常にメリットが大きいですね。元金を速やかに減らしていく事ができるので、早期完済を望む時には便利です。

ただローン商品によっては、その手続きを行った時に手数料が生じる事もあります。例えばある不動産関連の商品では、1回の繰り上げにつき1万円台の手数料が生じるのですね。もちろん、その手数料が無い商品もあります。

4.手数料には複数種類がある

つまりローン商品の手数料には、主に次のような種類があるのです。

・金利
・事務手数料
・繰り上げ手数料

このような数種類のタイプがあって、どの手数料があるかは商品によって色々異なるのです。キャッシングなどは金利だけですし、不動産関連の商品は数種類になる事が多いですね。

手数料を総合的に比べる

このように手数料には様々な種類がありますが、いずれにしても会社や商品によってルールが異なる事だけは確実です。そのトータル金額などを総合的に比較して、最もコストが低めになる商品を選ぶと良いでしょう。

オリックス銀行おまとめローン – Wikipedia

ローンを組む時にはプランは大切

業者から借りた場合には、色々な事が想定されます。その中にはネガティブな事例もあるので、注意を要するでしょう。

ネガティブな事を回避したいと思うなら、やはりプランが大切です。よく言われる事ですが、ローンでは計画性は重要なのです。

1.計画不足で無理が生じる

ローンを利用するとなると、やはり無計画なのは禁物です。後になって色々な問題が生じてしまう事も多いからです。数年後の事を全く考えずにお金を借りてしまうと、数ヶ月や1年後で悩んでしまう事例もあります。

例えば新規申し込みの段階で、毎月の返済額を全く考えていなかったとします。それでローンを組んで、数ヶ月が経過しました。ちなみに毎月の返済金額は、10万前後です。

それが非常に重たくなってしまい、返し続けるのが難しくなってしまうケースも稀にあります。この問題点は、やはり全くプランを考えていないのが原因です。明らかに無理がある返済金額で借りるのは、どう考えても難しいでしょう。

2.今後の収入変化なども大切

また収入の状況変化なども、意外と重要なポイントになります。例えば現在の収入が、毎月30万円台だとしましょう。今後もその収入が固定されると思い込んで、ローンを組んでしまうケースもあるのです。

ところが数年後に給料が20万円台にダウンしてしまい、苦労してしまうケースもあります。これも、やはりプラン不足ですね。数年後に収入が減るプランを想定しておけば、苦労する確率も減るでしょう。

3.プラン表が必要な商品も

ところでローン商品というのは幅広いもので、中にはプラン作成が前提になるものもあります。教育関連の商品などでは、返済計画表などの提出が必須になる事もあるのです。

毎月どれ位の金額で返していき、それが何年ほど継続するかもきちんと文字媒体でスケジュールを作り、銀行などに提出する事になります。それが示すのは、銀行がプランを重視している点です。

金融会社としても「お金を借りる顧客側としてはプランを立てるの重要」と考えている訳です。

無計画にローンを組むのは避ける

結局プランについては、下記のように言えます。

・計画不足では後が大変になる
・収入ダウンなどもプランも大事
・商品によってはプラン表の提出が必要

これらの事を踏まえると、やはり計画性は極めて大事ですね。少なくとも何も考えずにローンを組む事だけは、やはり避けた方が良いでしょう。

後になってお金に苦しむのは明白だからです。多少手間がかかっても、入念にプランを組んでおく方が、後々に楽になる事だけは確実ですね。